『画家』と『建築家』の狭間で

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護認定その後

<<   作成日時 : 2007/02/04 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ケアマネージャーの方とお会いした。

市から要支援の認定通知が来たので、地域包括支援センターに先日連絡を入れた。
担当者が不在と言う事だったので次の日に電話をいただくことにした。
しかしその次の日には連絡が無かったので、こちらから催促の電話を入れたがまたもや担当者が不在だとの事だった。

地域包括支援センターは市役所の中にあるが一体どのような組織、立場なのかと疑問に思った。はたして公務員なのだろうか?

しばらくすると介護支援事業者に所属するケアマネージャーの方から連絡があり、訪問の日取りを決めたいとの事だった。

エッ?市から届いた説明書では地域包括支援センターとまず契約して、市長あてのサービス計画作成依頼書を提出するという事では無かったのでは?

どうも地域包括支援センターが人手不足で外部に委託しているようだ。
筋としてはセンターから外部に委託する旨をきちっとこちらに説明するべきだと思った。

そんな経過であったが次の日にケアマネージャーの方とお会いすることになった。
まず認定調査の時と同じようなヒアリングからはじまった。そしてどのようなサービスがあり、どのようなサービスを受けたいのかの話をした。

ケアマネージャーの所属する事業所にお世話になることに決まってしまっているのかと思って話を聞くと、そんな事は無く気に入った事業所でよいと言う事だった。
次回来られるときにいくつかの事業所を紹介していただく事になり、その中から見学して決めましょうという事になった。

ケアマネージャーの仕事をあまり知らなかったが、中立的な立場な存在なのだなと思った。
母の話もよく聞いてくれるし、良かったのではと感じている。
通所サービスに消極的であった母も少し行く気になったみたいで、気が変わらないうちに早く見学に行きましょうね。といって帰られた。

退院してからは月に一度の病院通いしか外出しなくなってしまった母であるが、これで外に出られるようになればと祈る思いである。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護認定その後 『画家』と『建築家』の狭間で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる